コンテンツにスキップする

日韓軍事情報協定破棄の決定は協議の対象ではない-韓国外相

日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する韓国の決定は協議の対象ではないと、韓国の康京和外相が記者会見で述べた。

  GSOMIAについての決定は、日本の「不公平な輸出制限措置」が原因だとした上で、日本がそのような措置の撤回を決めれば日韓の信頼関係は回復されると指摘。日本が輸出制限を撤回するならば、GSOMIAについて再考する用意があると語った。

  同外相はまた、元徴用工を巡る韓国裁判所の判断は尊重されるべきだとも述べた。その上で、日本との関係改善と対話を通じた問題解決に引き続き取り組むと語った。

原題:
Ending Military Intel Pact W/ Japan Not Up For Discussion: Kang(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE