コンテンツにスキップする

WeWork、共同CEO2人と巨額の退職金契約

  • 数千人を削減する一方で両共同CEOには退職時に巨額の支払い
  • 2人はソフトバンクGと共に長期的成功に取り組むと表明
WeWork Landlords Brace For Drop In Demand
Photographer: Bryn Colton/Bloomberg
WeWork Landlords Brace For Drop In Demand
Photographer: Bryn Colton/Bloomberg

ソフトバンクグループの支援を受け入れた米ウィーワークは経費削減のため管理職以外の従業員を対象に数千人規模の削減を準備しているが、その一方で同社取締役会は先月就任したばかりの共同最高経営責任者(CEO)2人と巨額の退職パッケージで合意した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者の1人が非公開情報を理由に匿名で語ったところでは、ウィーワーク取締役会はこの1週間に、アーティー・ミンソン、セバスチャン・ガニンハム両氏と退職時に巨額の金額を支払う契約を結んだ。

  両氏は従業員向け文書で、「われわれはあなた方の共同CEOとして、マルセロ・クラウレ氏とソフトバンクGと共に当社を長期的成功に導くために取り組む所存だ」と述べた。ブルームバーグが同文書を入手した。ソフトバンクG副社長のマルセロ・クラウレ氏はウィーワークのエグゼクティブチェアマンとなり、立て直しに当たる。

原題:WeWork Has Multi-Million-Dollar Severance Deals for Co-CEOs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE