コンテンツにスキップする

グーグルが社内監視ツールを開発-従業員がメモで非難

  • 経営者側が従業員の組織化の動き把握しようとするもの-従業員メモ
  • カレンダーやイベントに関するスパムの増加に対応-経営者側
Inside The Google Chromebook Store

Photographer: Chris Ratcliffe / Bloomberg

Inside The Google Chromebook Store

Photographer: Chris Ratcliffe / Bloomberg

米グーグルの従業員は、社内監視ツールの開発を理由に同社幹部を非難している。従業員による抗議活動の組織化や労働者の権利を話し合う集会の監視がこのツールの目的と想定されると主張している。

  グーグル従業員のメモによると、全従業員のコンピューターにインストールされたカスタム「グーグル・クローム」ブラウザー向けの新しいツールを社内のチームが作成していることを従業員が今月早くに突き止めた。報道機関との接触を許されていないとして匿名を条件に取材に応じた3人の同社従業員と、ブルームバーグ・ニュースがメモを確認した。

  同メモによると、このツールは従業員が10カ所以上の部屋や100人以上を巻き込むイベントをカレンダーに加えると自動的に報告される仕組み。「経営者側が従業員の組織化の動きをただちに把握しようとする試み」というのが最も自然な説明だと指摘している。

  これに対し、アルファベット傘下グーグルの担当者は、「拡張機能の運用と目的に関するこれらの主張は完全に間違っている。これは多数の従業員のカレンダーに会議の日程が自動的に追加される前に、イベント作成者に注意を促すリマインダーだ」と説明した。

  グーグルはさらに、機能の追加はカレンダーやイベントに関するスパムの増加に対応するものだとし、個人を特定できる情報を収集したり、カレンダーの使用を停止したりするものではなく、従業員が大規模グループに連絡しようとする際に注意を促すものだとした。

  ツールを巡る見解の対立は、グーグル幹部と一般従業員との間に緊張感の高まりがある状況を浮き彫りにするものだ。チューリヒのオフィスでは21日、数十人の従業員が労働者の権利と組織化についてイベントを開いたほか、先月にはピッツバーグの契約社員が全米鉄鋼労組への参加を賛成多数で決めた。

原題:Google Accused of Creating Spy Tool to Squelch Worker Dissent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE