コンテンツにスキップする

アップルの目標株価、モルガンSが市場最高水準に-「TV+」を評価

  • TV+が21年通期以降の1株利益を平均1ポイント押し上げると予想
  • 20年通期のサービス収入の伸びも2ポイント押し上げられると見込む
Apple Holds Unveiling Event For Media And Entertainment Services
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Apple Holds Unveiling Event For Media And Entertainment Services
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米アップルの株価が今週上場来高値を更新したことを受け、同社の目標株価をモルガン・スタンレーが市場で最も高い水準に引き上げた。

  モルガン・スタンレーは、アップルの目標株価を従来の247ドルから289ドルに上方修正した。これはブルームバーグが調査対象としているアナリストの中で最も高く、22日の終値から約20%上昇する余地を示唆する。

  アップルがスタートさせる定額制動画配信サービス「アップルTV+」について他の証券会社はそれほど好意的ではないが、これとは対照的にモルガン・スタンレーは目標株価引き上げの理由として同サービスに言及した。

  ケーティー・ハバティ氏らアナリストは顧客向けリポートで、「アップルがTV+をスタートさせることで、プラスの利益を生み出す可能性が低く、より資本集約的な市場に新たに参入することになるというのが市場の見方だが、われわれは同意しない。アップルTV+は2020年通期のサービス収入の伸びを2ポイント、21年通期以降の1株利益を平均1ポイント押し上げるとわれわれは考えている」と指摘した。

Shares have eclipsed analyst targets on way to new highs

原題:Apple Gets Street-High Target at Morgan Stanley on TV+ Boost (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE