コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上げ失う、逃避先通貨が下落-リスク選好ムード

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が上げを失った。リスク選好ムードがやや戻り、逃避先通貨は下げた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、EU側が新たな離脱期限を決定すると見込まれる25日に投資家は注目している。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は遅い時間に日中安値を付けた
    • 原油やオフショア人民元が上昇する中、ユーロやポンド、ニュージーランド・ドル、カナダ・ドルが日中高値をつけたのが背景
    • ドルは主要10通貨の大半に対し下落
  • ポンド相場は不安定な動きが続いた。EU離脱期限延期の可能性が取り沙汰される中、遅い時間に日中高値となった
  • ニューヨーク時間午後4時52分現在、ポンドはドルに対して0.4%高の1ポンド=1.2918ドル
    • 一時の0.2%安から持ち直した
  • ドルは対円で0.2%高の1ドル=108円69銭。米10年債利回りが上昇する中で買われた
USD/JPY rallies with U.S. Treasury 10-year yields amid risk-on
  • ユーロはドルに対してほぼ変わらずの1ユーロ=1.1130ドル
    • 欧州中央銀行(ECB)および、ノルウェーとスウェーデン中銀の政策発表が待たれている
  • カナダ・ドルはニューヨーク時間の大半で上昇を続け、3カ月ぶり高値を試した。予想外の原油在庫減少を示した米政府統計が追い風

原題:Greenback, Havens Slip Amid Improved Risk Sentiment: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、カナダ・ドルの動きを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE