コンテンツにスキップする

ポンペオ氏:日米豪印戦略対話に期待、中国台頭への抑止力に

ポンペオ米国務長官は、インド太平洋の安全保障協力の枠組みである日米豪印戦略対話(QSD)を復活させる取り組みが中国の台頭を抑止する一助となるだろうと述べた。

  ポンペオ氏は22日の講演で「日本、オーストラリア、インド、そして米国は、過去9年間を休止していたQSDを再開した」と述べ、「中国を世界の適切な場所にだけにとどめておくことを確実にする今後の取り組みにおいて、QSDは非常に重要であることが証明されるだろう」と続けた。

  今年9月下旬にはQSDが当局者レベルの会合から閣僚級の会合へと引き上げられ、ポンペオ氏は茂木敏充外相、ペイン豪外相、インドのジャイシャンカル外相と会談した。

原題:U.S. Security Bloc to Keep China in ‘Proper Place,’ Pompeo Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE