コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】香港人権法案、更迭計画、新たな除外枠、報復関税

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 米上院、香港人権法案を早期採決目指す-中国の警告よそに
  • 中国政府、林鄭行政長官の更迭計画を策定中-英紙FT
  • 中国が大豆業者に新たな関税除外枠、1000万トン相当-関係者
  • 第1段階の米中合意、「とても順調に前進」-クドローNEC委員長
  • 米の12月対中関税引き上げ、見送りの可能性も-クドローNEC委員長
  • 中国は資本市場への長期投資を促す-証監会
  • 中国オンラインゲーム株が22日下落-関連法の改正案審議との報道
  • 米TI株が一時10%下落、米中貿易摩擦で顧客は発注削減
  • 中国、年2600億円の対米報復関税をWTOに申請-28日の協議求める
  • 中国、WTO政府調達協定参加に向け新たな提案
  • ミリオネアが米国で急増、日本と中国が追う-クレディ・スイス調査
  • トランプ大統領:中国は協議が順調だと示唆、11月の通商合意に向け
  • IMF、今年と来年のアジア成長率見通しを下方修正
  • アリババ:「独身の日」セールの利用者5億人と予想、前年比25%増
  • 日本国民にさらに警告を、中国の軍事的脅威が増大-米軍当局者
  • ファーウェイ、一部の米通信会社と5Gライセンス巡り協議-ロイター
  • 豚コレラで中国10年債の実質利回りゼロに迫る-マイナスなら7年ぶり
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE