コンテンツにスキップする

年36%超えるローン金利は違法-中国が新規定で明確化

  • P2Pを中心に中国では高金利融資が大きな問題
  • 今年に入り1200を超えるオンラインの貸し手がP2P市場から退場

中国本土では年36%を超える金利で資金を貸し出すと法律違反となる。証券時報が21日報じた新たな規定は最高人民法院と最高人民検察院、公安省、司法省が共同で発表。同日から適用が始まった。

  最高人民法院は2015年時点で、金利36%を超える融資は法律で認められず、無効扱いになると表明していたが、新ルールで違法であること明確にした。

  貸し手と借り手をインターネット上で結び付けるピア・ツー・ピア(P2P)融資市場を中心として、中国では高金利融資が大きな問題となっている。P2P融資の取り締まりが強化されており、銀行監督当局のデータによれば、今年に入りこれまでで1200を超えるオンラインの貸し手が同市場から退出している。

原題:
China Says Loans With Interest Rates Above 36% Are Illegal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE