コンテンツにスキップする

ゴールドマンのバンカーら6人、米当局が訴追-インサイダー取引

  • 被告らは共謀、電信詐欺、証券詐欺などで複数の罪に問われる
  • 買収や合併の報道・発表に先立って取引することで大きな利益か
Goldman Sachs
Photographer: Nicky Loh/Bloomberg
Goldman Sachs
Photographer: Nicky Loh/Bloomberg

米検察当局は世界的なインサイダー取引で数千万ドルの不当な利益を得たとしてゴールドマン・サックス・グループのバンカーを含む計6人を起訴した。

  22日の発表によると、訴追されたのはロンドンとモナコに居住している証券トレーダーのジョセフ・エルコーリ被告(52)やゴールドマンの投資銀行部門のバンカー、ブライアン・コーエン被告ら。 モーリスおよびセンタービュー・パートナーズ出身者も含まれる。

関連ニュース

  被告らは共謀、電信詐欺、証券詐欺などで複数の罪に問われており、最も重い罪では最長25年の禁錮刑の可能性がある。

  マンハッタンの連邦検察当局は、買収や合併の報道・発表に先立って取引することで大きな利益を上げたヨーロッパおよび中東の株式ピッカーのグループを捜査していた。

  エルコーリ被告は21日に英国で拘束され米国は身柄引き渡しを求めている。コーエン被告ら2人は先週ニューヨークで逮捕された。他の被告は拘束されていない。

  コーエン被告は22日、米連邦地裁に出頭し無罪を主張。保釈金は75万ドル(約8100万円)に引き上げられたが釈放された。弁護人のアイラ・ソーキン氏はコメントを控えた。

原題:
Global Insider-Trading Case Expands as U.S. Charges Six (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE