コンテンツにスキップする

米チポトレ7-9月売上高、予想上回る-宅配コストは上昇、株価下落

  • 通期の既存店売上高は従来見通しの上限になる見込み
  • 宅配コストが利益率の重しに-経費上昇も解消しない見通し

メキシコ料理チェーン、米チポトレ・メキシカン・グリルは急速な成長ペースを維持しているが、賃金や宅配のコスト上昇を巡る懸念が同社の重しになり始めている。同社は今年のS&P500種株価指数で値上がり率首位。

  • 7-9月(第3四半期)の既存店売上高は11%増と、9四半期連続の増加。コンセンサス・メトリックス集計のアナリスト予想は9.3%増だった。通期は従来見通しの上限になると同社は見込んでいる。これは1桁台後半の伸び率に相当
  • 同社によると、宅配コストが7-9月期の利益率の重しとなった。消費者の利便性がより重視される中で、経費上昇は解消しない見通し
  • 株価は通常取引後の時間外取引で一時1.9%安
  • 決算詳細
  • 発表資料

原題:
Chipotle Sales Beat Estimates, But Delivery Costs Climb (1)(抜粋)

      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE