コンテンツにスキップする

中国政府、香港・林鄭行政長官の更迭計画を策定中-FT

更新日時
  • 習近平国家主席はまだ計画の実行を決定していない
  • 中国は林鄭長官を強く支持、報道はうわさにすぎない-外務省報道官
香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

Photographer: Kyle Lam/Bloomberg
香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官
Photographer: Kyle Lam/Bloomberg

中国政府は香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官を更迭し、代わりに「暫定」行政長官を置く計画を策定中だと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。この計画の説明を受けた匿名の関係者を引用して伝えた。

  同紙によると、中国の習近平国家主席がこの計画の実行を決定すれば、後任の行政長官は来年3月までに就任し、林鄭長官の残りの任期を務める見込み。その後、次の任期5年について、行政長官にとどまるかどうかは不透明。

  同紙は後任の有力候補として、香港金融管理局(HKMA)の陳徳霖(ノーマン・チャン)前総裁と唐英年(ヘンリー・タン)元政務官を挙げた。両氏にコメントを23日求めたが、いずれも現時点で答えていない。行政長官オフィスの報道官はFT報道について、臆測にはコメントしないと回答した。

  中国外務省の華春瑩報道官は北京で開いた23日の定例記者会見で、中央政府は林鄭長官を強く支持するとこれまでの立場をあらためて表明。FT報道はうわさにすぎないと一蹴した。

原題:China Drawing Up Plan to Replace Hong Kong Executive, FT Says、China Says Central Government Firmly Backs Hong Kong’s Lam(抜粋)

(最終段落に中国外務省報道官のコメントを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE