コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンド下落、EU離脱の短期審議を英議会が否決

更新日時

22日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が遅い時間に日中高値に達した。ジョンソン英首相が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案を速やかに実現させる計画を英議会が阻止したことから、ポンドは下落。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。採決結果が伝わってポンドが日中安値を更新し、ドル指数は一時0.2%上昇した。ただポンドの下げは限定的だった。ユーロはつれ安
    • 先の採決では離脱合意の一般原則が承認されたことを受けて、ポンドが日中高値に上昇。その後、首相の離脱計画を実現させるために必要な関連法「離脱協定法案」を短期で審議する日程を否決したことで、下げに転じた
    • 英政府はその後、短期の離脱延期を排除しない方針を表明
    • 遅い時間にはトゥスクEU大統領が、EUが英国の離脱延期要請を受け入れるよう勧告するとツイート
  • ドルは主要10通貨の大半に対し上昇
  • 米10年債利回りは低下、米国株は下落した
  • ニューヨーク時間午後4時53分現在、ポンドはドルに対し0.6%安の1ポンド=1.2881ドル
    Pound draws in profit taking after Brexit votes
  • ユーロはドルに対して0.2%安の1ユーロ=1.1127ドル
  • ドルは対円で0.1%安の1ドル=108円48銭
    • 米国債利回りが低下する中で日中安値圏に下落

原題:Pound Declines After Brexit Fast-Track Defeated: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE