コンテンツにスキップする

トルコ当局者:ロシア支援でシリア国境付近に「安全地帯」を設置へ

トルコのエルドアン大統領とロシアのプーチン大統領は、シリア内に「安全地帯」を設置することで合意した。6時間に及んだ両国首脳会談の後でトルコ高官の1人が明らかにした。

  会談内容の正式発表前だとして匿名を条件に述べた同当局者によると、安全地帯からはトルコがテロ組織と認定するクルド人武装勢力を排除する。

  エルドアン、プーチン両大統領は22日にロシアのソチで会談し、シリアの今後について協議した。トルコは米国と先週合意した120時間の停戦に基づき、現在シリアで軍事作戦を行っていない。トルコは、米国がクルド人民兵組織の人民防衛隊(YPG)を説得し、現地時間22日午後10時までに国境付近120キロメートルの地帯から撤退させることを期待している。

原題:Turkish Official Says Russia to Help Establish Syria Safe Zone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE