コンテンツにスキップする

ユナイテッド・テク、通期利益予想をまた引き上げ-航空宇宙が好調

米ユナイテッド・テクノロジーズは通期利益見通しを引き上げた。上方修正は今年に入って3回目。世界の工業界が減速する中でも航空宇宙市場は明るい材料を提供している。22日の米市場でユナイテッド・テクの株価は一時、前日比2.8%高となった。

  22日の決算発表時に示した通期の調整後利益見通しは1株当たり8.05-8.15ドル。従来は8.05ドルが予想レンジ上限だった。発表前にブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は8.03ドルだった

United Technologies has gained while refocusing on aerospace

  同社は堅調な商業航空市場に軸足を置いている。一方、減速している自動車およびエレクトロニクス業界との結びつきが強い競合他社は苦戦している。

  7-9月(第3四半期)は調整後1株利益が2.21ドルに増加、アナリスト予想(2.03ドル)を上回った。売上高は195億ドル(約2兆1000億円)で、やはりアナリスト予想(193億ドル)を超えた。通期については、フリーキャッシュフロー見通しを従来の最大50億ドルから最大57億ドルに引き上げ、売上高見通しはレンジを狭めて760億-765億ドルとした。

原題:
United Technologies Boosts Forecast on Aerospace Strength (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE