コンテンツにスキップする

P&G:通期売上高予想を上方修正、四半期決算は全部門で増収

米日用品消費財メーカー、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は通期売上高の予想レンジの上限を引き上げた。7-9月(第1四半期)決算は全ての事業部門で本業ベースの売上高が伸びた。

  • 企業買収や為替変動などの影響を除く本業ベースの売上高は7-9月期に前年同期比7%増、アナリスト予想平均値の同4.8%増を上回った。2020年6月期通期の増収率は3-5%と、従来の3-4%から上方修正された
  • ビューティー部門は本業の売上高が10%増と、大幅な増収を記録した。高級スキンケアブランドの「SK-Ⅱ」や中国の「オレイ」に支えられた
  • 関連記事:P&G:通期実質増収予想の中央値は市場予想上回る-株価3.2%上昇

原題:P&G Gains After Posting Strong Sales Growth, Raising Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE