コンテンツにスキップする

マクドナルドは米国で伸び失速、朝食時間の客足伸びず

Inside McDonald's Holdings Co. Japan Restaurant
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg
Inside McDonald's Holdings Co. Japan Restaurant
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

外食大手、米マクドナルドの7-9月(第3四半期)業績は、海外で高い伸びが続いたものの、米国市場が競争激化のあおりで失速した。22日の米市場では株価が下落。

  • 世界の既存店売上高は5.9%増加し、コンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想の5.7%増を上回った。一方、米国市場では集客面で苦戦が続き、既存店売上高は4.8%増とアナリスト予想に届かず、前期の伸び(5.7%)も下回った
McDonald's U.S. momentum slows as customer traffic remains tough

インサイト

  • 同社売上高の3分の1余りを占める米国市場だが、特に朝食時間帯の客足をなかなか伸ばせずにいる。バーガーキング、ダンキン、ウェンディーズなど競合がそれぞれメニュー強化などを進め、競争激化傾向にある
  • 米既存店売上高の増加は広告と販売価格引き上げが主に寄与した。客足の鈍さは引き続き課題

市場の反応

  • 株価は一時、前日比4.2%下落

決算発表文はこちらをクリック

原題:
McDonald’s Loses Momentum in U.S. Market; Shares Decline (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE