コンテンツにスキップする

中国人民銀、5月以来最大の資金供給-法人税支払い期限控え

  • 人民銀は7日物リバースレポを通じ差し引き2500億元を供給
  • 中国の10年国債利回りは3.22%でほぼ変わらず

中国人民銀行(中央銀行)は22日の公開市場操作(オペ)で5月以降で最大となる資金供給を実施した。法人税の支払い期限を24日に控えており、この時期は現金需要が増え流動性がきつくなるのが一般的だ。

  声明によれば、人民銀は22日に7日物リバースレポを通じ差し引き2500億元(約3兆8400億円)を供給した。金利は2.55%に維持された。中国の10年国債利回りは3.22%でほぼ変わらず。

  

Yield on China's government bonds rises amid waning bets on intense policy easing
関連記事
豚コレラで中国10年債の実質利回りゼロに迫る-マイナスなら7年ぶり

原題:
China’s Central Bank Boosts Liquidity Ahead of Tax Payment Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE