コンテンツにスキップする

USバンコープが支店従業員を数千人削減へ、デジタル化推進-関係者

USバンコープは顧客の志向変化に対応するため、支店従業員を数千人削減する。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  削減数は未公表だとして関係者が匿名を条件に語ったところによると、削減対象は5000人未満になるという。ブルームバーグが閲覧した文書によれば、アンディ・セシア最高経営責任者(CEO)は「顧客行動が変化したため人員削減という難しい決断を行った」と説明している。同行の従業員数は10月16日時点で7万4000人。

  同文書によれば、USバンコープは行員が技能の幅を広げることができるようトレーニングプログラムを開始するとともに、顧客に重点を置くポジションを新設する。同行の広報担当者は文書の内容を確認したが、人員削減数についてはコメントを控えた。

  USバンコープはデジタルサービスに傾斜する計画を発表しており、最高デジタル責任者としてビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)からデレク・ホワイト氏を今年採用した。

原題:
U.S. Bank to Cut Thousands of Branch Workers in Digital Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE