コンテンツにスキップする

マクダーモット、700億円を新規ファイナンスで確保-株価は一時急伸

米エンジニアリング会社マクダーモット・インターナショナルは、新規のファイナンスで6億5000万ドル(約705億円)の資金を確保した。経営悪化に見舞われている同社にとって、今回の調達資金は事業存続に寄与する。これを受けて21日の米株式市場で、同社の株価は一時、29%急上昇した。

  マクダーモットは同日、タームローンで5億5000万ドル、信用供与契約で1億ドルを直ちに利用できることになると発表した。調達額は運転資金に加え、プロジェクト履行保証状の発行の裏付けに充てるとしている。

  マクダーモットは傘下のルーマス・テクノロジー部門とパイプ製造事業の売却をなお模索していると説明した。ルーマスに対しては同部門の価値を25億ドル規模と評価する買い手候補から関心が寄せられていると、マクダーモットが先月発表していた。

原題:McDermott Financing Lifeline Overshadowed by Outlook Uncertainty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE