コンテンツにスキップする

シンガポールのテマセク、ケッペルの経営権取得へ-約3190億円で

  • ケッペル事業の検証実施へ-取締役会刷新の可能性も
  • 30.6%を1株当たり7.35シンガポール・ドルで追加取得へ

シンガポール政府系の投資会社テマセク・ホールディングスは出資先の複合企業ケッペルの経営権を約40億シンガポール・ドル(約3190億円)で取得し、同社の事業検証を行うと発表した。取締役会の刷新につながる可能性もあるとしている。

  21日の発表資料によれば、ケッペルの約5分の1をすでに保有しているテマセクはさらにケッペルの30.6%を1株当たり7.35シンガポール・ドルで追加取得することを提案。発表前にケッペル株の売買は停止されていたが、取得提示額は停止前の株価水準を26%上回る。

原題:
Temasek Offers to Buy Control of Keppel for About $3 Billion (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE