コンテンツにスキップする

トランプ氏支持率が民主主要候補下回る、激戦ミネソタ州-世論調査

2020年米大統領選で民主党候補指名を目指すジョー・バイデン前副大統領もしくはエリザベス・ウォーレン上院議員が、本選挙でトランプ大統領と対決することになった場合、激戦州の1つミネソタ州ではいずれの候補の支持率もトランプ氏に現時点で二桁のリードとなることが、現地紙スター・トリビューン・ミネソタの最新世論調査で示された。

  調査によれば、トランプ氏に対する現時点のリードは、バイデン氏が12ポイント、ウォーレン氏が11ポイント、バーニー・サンダース上院議員が9ポイント、地元選出のエーミー・クロブシャー上院議員は17ポイントだった。

  ミネソタ州は全米でも最も長期にわたる民主党大統領候補の牙城だが、近年は他の中西部の多くの地域と同様、共和党が勢力を増しつつあり、トランプ氏の陣営は同州攻略に重点的に取り組んでいる。

原題:Trump Trails Leading Democrats in Swing State Minnesota: Poll(抜粋)  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE