コンテンツにスキップする

日本国民にさらに警告を、中国の軍事的脅威が増大-米軍当局者

  • 日本は攻撃的兵器の保有を巡り再考する必要-高官が匿名で発言
  • 訓練の制限は米軍、自衛隊双方に影響ー不測の事態への備えで

米軍当局者は21日、日本は中国の軍事的脅威の増大を国民にさらに警告し攻撃的兵器の保有が許されない状況を再考すべきだと述べた。

  この高官は東京都内で記者団に対し、日本政府と国民との間で現実に存在する脅威について議論が必要だとし、中国を特定のリスクとして挙げた。匿名を条件に語った。

  第2次世界大戦後に制定された日本国憲法は平和主義を掲げ、防衛力強化を試みようとすれば、中国や北朝鮮が弾道ミサイルなどで軍備増強を行う中でも地元住民から反対に遭うことが多い。約5万人の在日米軍を抱える日本は、訓練にも他国より厳しい制約を課していると同高官は述べた。

  同高官はまた、中国が弾道ミサイル強化に多額の資金を費やしてきたと指摘。中国は平和と安定、安全を支持すると公言しているが、実際には兵器備蓄を増やし日本や周辺国を脅かしているとも述べた。さらに、低空や夜間飛行許可などの訓練の制限は、不測の事態に備える米軍および自衛隊の能力に影響を与えると語った。

原題:
U.S. Military Says Japan Must Inform Public of China Threat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE