コンテンツにスキップする

世界の財務相・中銀総裁、成長支援であらゆる手段行使へ-IMFC

  • 国際通貨金融委員会、IMF・世銀合同年次総会に合わせて声明発表
  • 財政分野は必要に応じて需要を支援するため利用されるべきだ-声明

世界の財務相と中央銀行総裁は見通しが「高度に不確実」でリスクが高まる中で、需要を支えるため財政政策を含めてあらゆる手段を行使すると表明した。

  国際通貨基金(IMF)の総務会に勧告を行う国際通貨金融委員会(IMFC)は19日に公表した声明で、貿易摩擦や政策の不確実性、地政学的リスクなどを含め「見通しは高度に不確実で、強まる下振れリスクの影響を受けやすい」と指摘。「われわれは、リスクの軽減と回復力の強化、すべての人々に利益をもたらす成長の促進に向けたあらゆる適切な政策ツールを個別および集合的に採用する」と表明した。

  声明はIMFと世界銀行の合同年次総会が開催されているワシントンで発表された。

Annual Meetings Of The International Monetary Fund And World Bank

10月18日の国際通貨金融委員会(IMFC)全体会議。

  声明は「利用可能な財政分野は、必要に応じて需要を支援するために利用されるべきだ」と主張。金融政策はインフレを目標に近づけるか、目標付近で安定させることを目指すべきだとした。

  IMFのゲオルギエワ専務理事は19日にワシントンで記者会見し、適切であれば構造改革や財政措置だけでなく、「余地がある場合は金融政策も含め、すべてのツールを適用できる」と指摘。政府は減速を阻止または反転させるためこれらの措置を講じる必要があると述べた。

原題:
Global Finance Chiefs Pledge to Use All Tools to Aid Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE