コンテンツにスキップする

英首相、反対派の修正案可決なら離脱案の議会採決強行しない-関係者

ジョンソン英首相は19日に議会で予定する欧州連合(EU)離脱協定案の採決について、離脱延期を強いる修正案が可決される場合には採決を強行しない。英当局者1人が語った。

relates to 英首相、反対派の修正案可決なら離脱案の議会採決強行しない-関係者

ジョンソン英首相(19日)

  ジョンソン首相は19日中に自らの離脱案が議会で正式に承認される必要があり、それが得られなければ、これまでに成立した法律によりEUに離脱延期を要請する義務が生じる。

  修正案は離脱協定案の実施に必要な全ての関連法が議会で成立するまで協定案の法的承認を遅らせるというもので、10月末の離脱に反対する議員らが提出。バーコウ下院議長がこの日の審議を認めた。

  修正案を提出したレトウィン議員は、修正案が可決しても政府は離脱案の採決が可能だと主張しているが、政府関係者は修正案は実質的に離脱案採決の意味を失わせると語った。

  

原題:Johnson Won’t Contest Brexit Vote If Rebel Amendment Passes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE