コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンドが週間で大きく上昇、英離脱協定案の議会採決控え

18日のニューヨーク外国為替市場では、ポンドが上昇。週間ベースでも主要10通貨に対して上げた。ジョンソン英首相は英国の欧州連合(EU)離脱協定案を巡って19日に予定される英議会採決に向け、支持獲得に努めている。一方、ドルは週間では過去9カ月余りで最長の連続安。

  • ポンドは週間で2.2%高。離脱問題に関するトレーダーらの楽観が続いた。ジョンソン首相は自らがEUと結んだ同案を支持するよう議員61人を説得する必要がある
    • 与党・保守党を追放された議員らと野党議員が手を組み、採決を1週間以上遅らせようとする動きに支持が拡大しつつある。首相はEU離脱延期を要請せざるを得ない状況に追い込まれる可能性もある
  • ニューヨーク時間午後3時59分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%下落し、これで4営業日続落。週間ベースでは3週連続安。この日はほぼ3カ月ぶりの安値を付けた
  • ドルが10月1日に付けた今年の高値から下げた背景には、米中貿易合意に向けた進展や米金融当局によるバランスシート拡大もある
  • ハンス・レデカー氏らモルガン・スタンレーのストラテジスト:
    • 「建設的な英EU離脱のニュースに支えられ、ポンドの強さが今のところはドル安を誘発している」
    • 「合意なき離脱の可能性が著しく低下し、ポンドはあまり保有されていないため、買われる地合いが続くだろう」
  • ユーロはポンドにつられて上昇しているだけでなく、中国の貿易問題を巡るニュースにも支えられている。貿易面のニュースはリスク選好の動きを促し、対円でのユーロ高につながっている
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は米成長見通しは好ましいが、リスクがある中で景気拡大を支えるため米金融当局は「適切に行動する」と述べ、3会合連続利下げへの可能性を残した
  • ポンドは対ドルで0.4%高の1ポンド=1.2943ドル
  • ドルは対ユーロで0.3%安の1ユーロ=1.1162ドル。対円では0.2%下げて1ドル=108円41銭

原題:Pound Tops Peers Ahead of Brexit Vote; Dollar Falls: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE