コンテンツにスキップする

オラクルのハード共同CEOが死去、大手ハイテク企業のトップを歴任

米ソフトウエアメーカー大手、オラクルの共同最高経営責任者(CEO)、マーク・ハード氏が18日死去した。62歳だった。ハード氏はオラクルを含めてテクノロジー企業大手3社でCEOを歴任した。

  オラクルの創業者ラリー・エリソン会長がオンライン上で、ハード氏の死去を明らかにした。

mark hurd

マーク・ハード氏

写真家:パトリック・T・ファロン/ブルームバーグ

  オラクルは9月11日にハード氏が健康上の理由で休職すると発表していた。詳細は明らかにしていなかった。同社にコメントを求めたが返答は得られていない。

  ハード氏は1980年、米ナショナル・キャッシュ・レジスター(現NCR)に営業職で入社、CEOへと出世した。その後2005年には当時パソコンメーカーとして世界最大手だった米ヒューレット・パッカードにCEOとして引き抜かれた。オラクルへは2010年に共同社長として入社した。

原題:
Mark Hurd, Oracle CEO Who Led Three Tech Companies, Dies (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE