コンテンツにスキップする

コカ・コーラ:7-9月純売上高は8%増-海外や低糖商品がけん引

清涼飲料メーカーの米コカ・コーラの7-9月(第3四半期)決算は、海外販売や低糖商品、無糖の「コカ・コーラ・ゼロシュガー」が売り上げをけん引した。

  7ー9月期販売は数量ベースで前年同期比2%増、純売上高は8%増の95億ドル(約1兆300億円)だった。為替変動といった一部項目を除くベースでの売上高は5%増と、アナリスト予想平均の4.1%増を上回る伸びだった。

  米国の消費者が砂糖の含まれた飲料よりも炭酸水や植物をベースにした乳製品を好むようになったことから、コカ・コーラもこうした分野の商品に注力している。コカ・コーラ・ゼロシュガーの販売量は米国で2桁増を記録した。

  • 関連記事:コカ・コーラ:3Q調整後の営業売上高、市場予想とほぼ一致

原題:Coca-Cola’s Overseas Expansion Sparks Higher Sales (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE