コンテンツにスキップする

自衛隊の中東派遣を検討、艦艇を独自で-米の有志連合には不参加

  • 派遣先はオマーン湾など、ホルムズ海峡には言及せず-菅官房長官
  • 派遣は調査・研究が目的で、中東での情報収集体制を強化-菅氏

日本政府は中東での情報収集体制を強化するため、独自の海上自衛隊艦艇派遣を検討する。米国が提案する有志連合には参加しない。具体的な時期は今後検討する。菅義偉官房長官が18日午後の記者会見で語った。

  自衛隊を活用するに当たっては新規派遣のほか、ソマリア沖アデン湾で海賊対処活動を行っている艦船や哨戒機の活用も検討する。菅官房長官は自衛隊の活動範囲として、オマーン湾、アラビア海北部、バベルマンデブ海峡東側を中心とするとしたが、ホルムズ海峡には言及しなかった。

  現在は直ちに自衛隊による船舶防護を実施する必要な状況にはないため、派遣は調査・研究を目的とする。ただ、「いずれにしろ、わが国に関係する船舶の安全確保のために必要なさらなる措置について検討する」とも述べた。「日本独自の取り組みを適切に行っていくが、引き続き米国とは緊密に連携していく」とも指摘した。

  イランと対立している米国は、ホルムズ海峡を航行する船舶の安全を確保するための有志連合に参加するよう各国に呼び掛けており、英国などが参加を表明していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE