コンテンツにスキップする

フェイスブック、政治広告の事実検証しない-ザッカーバーグ氏語る

  • 「政治家の発言内容は各個人が検証できるようにすべきだ」とCEO
  • 米大統領選に絡み裏付けのない主張を含む政治広告の削除求める動き
COLOMBIA-US-IT-INTERNET-FACEBOOK
Photographer: LUIS ACOSTA/AFP
COLOMBIA-US-IT-INTERNET-FACEBOOK
Photographer: LUIS ACOSTA/AFP

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は真実の裁定者になることはテクノロジー企業の役目ではないとして同社は政治広告の内容について事実を検証しないと述べた。

  ワシントンにあるジョージタウン大学でザッカーバーグ氏は17日、学生で埋め尽くされた講堂ガストンホールで講演し、「テクノロジー企業が100%真実だと判断したものしか投稿できない世界に住みたいと思う人はほとんどいないだろう」と語った。また「政治家の発言内容は個人個人が判断できるようになるべきだ」とも述べた。

  フェイスブックはここ数週間、政治広告に関する方針について批判を浴びている。米大統領選に向け民主党の候補指名獲得を目指すバイデン前米副大統領やエリザベス・ウォーレン上院議員の陣営は、裏付けのない主張を含むトランプ大統領側の政治広告を削除するよう求めた。フェイスブックはそれを拒否し、ソーシャルメディア上のそうした広告が規制されるべきかというより大きな問題が提起されている。

  ザッカーバーグ氏は政治広告の削除も検討したが、そうすれば現職に有利に働くだろうと述べた。

ザッカーバーグ氏がジョージタウン大学で講演

原題:Zuckerberg Says Tech Companies Shouldn’t Decide What’s True (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE