コンテンツにスキップする

WeWork社内の士気低下、マーケティングのトップも退任

  • 先月には創業者アダム・ニューマン氏ら数人が退任
  • ウィーワークは資金調達の取りまとめ急ぐ-11月にも枯渇の恐れ
Inside The Japan Ocean Gate Minatomirai Office Of WeWork
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
Inside The Japan Ocean Gate Minatomirai Office Of WeWork
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

シェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークは今週、資金枯渇を回避するために必要な現金調達を急いでいるが、その結果を待たずに経営幹部がまた1人去るようだ。

  事情に詳しい関係者2人が匿名で明らかにしたところでは、最高マーケティング責任者(CMO)のロビン・ダニエルズ氏が退任する。同社の広報担当はコメントを控えた。

  先月には共同創業者のアダム・ニューマン氏が最高経営責任者(CEO)を退き、執行権のない会長職に就いた。妻のレベッカ・ニューマン氏も最高ブランド責任者(CBO)を退任した。

  ウィーワークは新規株式公開(IPO)計画を先月撤回。11月にも資金が底を突くとみられており、JPモルガン・チェース主導でまとめられているデットファイナンスのパッケージと、最大株主ソフトバンクグループからの50億ドル(約5400億円)の支援提案を検討している。

原題:WeWork’s Marketing Chief Resigns, With Staff Morale Suffering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE