コンテンツにスキップする

英首相の離脱協定案は否決へ、過去の採決的中のブックメーカーが予想

  • 19日の英議会採決、ジョンソン首相は可決に7票足りず敗れると予想
  • スポーティング・インデックスはメイ首相の協定案否決を的確に予想
ジョンソン英首相

ジョンソン英首相

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
ジョンソン英首相
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

ジョンソン英首相は欧州連合(EU)離脱協定案の承認を求める19日の議会採決で、可決に7票足りず敗れることになるだろうと、英ブックメーカーのスポーティング・インデックスが17日予想した。

  ジョンソン首相は320票を必要としているが、支持票は313にとどまるだろうと、スポーティング・インデックスが配布した電子メールの中で予測。同社は過去のEU離脱案の議会採決結果を的確に言い当てるなど、政治関連の予想に定評がある。

  「北アイルランドの民主統一党(DUP)の支持が得られるかが重要な鍵になりそうだが、フォスター党首らは依然として協定案の議会可決を阻止する姿勢であることを示唆している」と同社は指摘した。

  メイ前首相が自らの離脱案を最後に議会採決にかけた際、同社は60票足りず否決されると予想。結果は58票足りなかった。その前の2回目の議会採決では148票不足の予測に対して結果は149票、1回目の採決は218票不足の予測に対し、実際は230票足りずに否決された。

関連記事:英首相に立ちはだかる数の壁、EUと離脱合意後も議会支持確保は不明

 

原題:
Betting Firm That Called May Votes Sees Johnson Beaten on Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE