コンテンツにスキップする
Photographer: Jack Taylor/Getty Images Europe

英EU土壇場の合意期限16日午後か-北アイルランドDUP説得へ

更新日時
  • EUは英国を除く27カ国の大使級会合を16日午後2時に招集
  • DUPの支持得る確信ない限り首相はゴーサイン出さないと当局者
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 13: Pro-EU protesters demonstrate against Brexit with flags outside the House of Parliament on November 13, 2018 in London, England. Downing Street has said they are close to reaching a Brexit agreement with the European Union after British Prime Minister Theresa May updated her cabinet on negotiations this morning. (Photo by Jack Taylor/Getty Images)
Photographer: Jack Taylor/Getty Images Europe

英国の欧州連合(EU)離脱の条件を巡り、英とEUとの協議が土壇場の合意に近づきつつある。しかし、英保守党政権を閣外協力で支えてきた北アイルランドのプロテスタント強硬派、民主統一党(DUP)が反対すれば、議会の承認が得られない危険が残る。

  英、EU当局は過去48時間の協議を通じて、隔たりの大部分を解決した。15日の深夜まで折衝が続けられた後、16日にブリュッセルで再開される予定だとEU当局者の1人が明らかにした。深夜まで建設的な話し合いが行われ、引き続き進展があったと英当局者の1人は語った。協議は16日午前に再開されるという。英国を除くEU27カ国の大使級会合が16日午後2時(日本時間同9時)に招集され、英国との離脱交渉を担当するEUのバルニエ首席交渉官は、合意に関する説明をその場で行いたい考えだ。

  EUとの新たな離脱合意の取り決めは、今月末の離脱を目指すジョンソン英首相にとって最初のハードルにすぎず、北アイルランドのDUPと与党保守党内の離脱強硬派を説得する必要がある。メイ前首相がEUとまとめた離脱協定案は3度にわたり議会で否決された。

State Opening of Parliament

ジョンソン英首相

  ジョンソン首相は今回、DUPの支持を得る確信がない限り、ゴーサインを出すことはないだろうと複数のEU当局者が語った。ジョンソン氏はDUPのフォスター党首と15日夜に約1時間半にわたり首相官邸で会談した。DUPは「隔たりが残っており、さらに作業が必要だと言って差し支えないだろう」とその後声明でコメントを発表した。

  事情に詳しい関係者1人からの情報を引用し、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じたところでは、EUとの離脱協議で合意が具体化しつつある中で、ジョンソン首相はDUPからの協力確保に向け、英領北アイルランドへの多額の資金拠出についてフォスター党首とぎりぎりの交渉を行った。

  関係者が同紙に語ったところでは、DUPは「数百万でなく数十億」単位の資金を北アイルランドに拠出するよう要求し、支出を増やすことが合意を支持する条件だとジョンソン首相に伝えたという。

  複数のEU当局者によれば、過去数日のうちに英国側は幾つかの大きな譲歩を行った。英領北アイルランドと英国本土との間で税関検査の実施を受け入れることもその中に含まれるが、これにはDUPが強く反対している。

  ジョンソン首相は、今月末の期限までに英国がEUを離脱できるよう19日の土曜日に下院を招集し、新たな合意案の採決を行いたい意向だ。

原題:Brexit Deal Inches Nearer as Key Johnson Ally Threatens Hold-Out
Brexit Talks Were Constructive, Progress Continued: UK Official(抜粋)
DUP Asks for ‘Billions’ of Cash Payment to Back Brexit: FT(抜粋)
Gaps Remain and More Work Required on Brexit Deal, Says DUP(抜粋)

(英とEUとの協議が16日に再開されるとの当局者の発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE