コンテンツにスキップする
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

【米国株】S&P500種が約4週ぶり高値、決算良好

更新日時
NEW YORK, NEW YORK - DECEMBER 19: People walk by the New York Stock Exchange (NYSE) as the Federal Reserve Board Chairman Jerome Powell holds a news conference on December 19, 2018 in New York City. U.S. stocks fell on Wednesday after the Federal Reserve raised interest rates for the fourth time in 2018. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

15日の米株式相場は反発。企業決算シーズンが本格化する中でヘルスケアや金融を中心に買われ、S&P500種株価指数は約4週間ぶりの高値に達した。米国債はリスクオンを背景に下落。

  • 米国株は反発、決算良好でS&P500種が約4週ぶり高値
  • 米国債は下落、リスクオンに押される-10年債利回り1.77%
  • NY原油は続落、経済見通しの暗さに注目集まる
  • NY金先物は反落、米企業決算良好でリスクオン

  主要3株価指数の中ではナスダック総合指数が最も上昇。S&P500種は日中、3週間ぶりに3000を超えた。決算関連では、医薬品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が通期の売上高・利益予想を引き上げた。JPモルガン・チェースは7-9月(第3四半期)決算が予想を上回り、株価が上昇した。

  S&P500種株価指数は前日比1%高の2995.68。ダウ工業株30種平均は237.44ドル(0.9%)高の27024.80ドル。ナスダック総合指数は1.2%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは前営業日比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.77%。

S&P 500 posts best 5-day performance since June

  ホッジス・キャピタル・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ゲーリー・ブラッドショー氏は、「決算関連の動きは出だしがまずまず良好とみえ、金利はわずかに上がっているが依然極めて低く、この通商合意と英国EU離脱関連の明るい話題は世界の成長にとって好ましい」とコメント。「市場がそれに好反応を示しているのは明らかだ」と語った。

  米国債は朝高後、下げに転じた。英国と欧州連合(EU)の交渉担当者が離脱合意の草案取りまとめに近づいているとの報道で、リスク選好の流れに拍車がかかった。

  ニューヨーク原油先物相場は続落。米中が主要貿易問題の対立解消に至るとの期待が薄れ、エネルギー需要回復見通しが悪化した。また国際通貨基金(IMF)は、2019年の世界経済成長率予想を5回連続で引き下げた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は78セント(1.5%)安の1バレル=52.81ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント12月限は61セント安の58.74ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落。米企業決算が予想されたより堅調だったことで株式が買われ、逃避先としての金の投資妙味が薄れた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.9%安の1オンス=1483.50ドルと、9月30日以来の安値で終了。

原題:Stocks Hit Four-Week High on Earnings; Pound Jumps: Markets Wrap(抜粋)

USTs Drop, Led by Belly, as Brexit, Earnings Stoke Risk Appetite

Oil Declines as Investors Focus on Gloomy Economic Outlook

PRECIOUS: Gold Slides on Risk-On Shift as Palladium Hits Record

(第4・5段落に追加情報を挿入、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE