コンテンツにスキップする

バイデン氏息子、ウクライナ会社役員就任「まずい判断だった」

  • ハンター・バイデン氏、不適切な行為一切ない-ABCインタビュー
  • トランプ氏の標的になって以降、初めて公に発言

バイデン前米副大統領の息子、ハンター・バイデン氏はウクライナのガス会社で取締役会メンバーを務めたこと自体に問題はないが、今思えばまずい判断だったと語った。

  ハンター・バイデン氏は15日に放送された米ABCニュースとのインタビューで、「今思えば、まずい判断だった」と発言。「私が何か不適切なことをしたかというと、それはない。一切ない」と言明した。ウクライナでのビジネスをめぐって同氏がトランプ米大統領の標的となって以降、初めて公に発言した。

  トランプ氏と同氏の弁護士、ルディ・ ジュリアーニ氏はいずれも、ジョー・バイデン氏が2016年に副大統領としての立場を利用して、ウクライナ大手民間ガス会社の所有者に対する調査もみ消しに一役買ったと、再三にわたって主張している。この主張には信ぴょう性がないことは、すでに公になっている。ハンター・バイデン氏は同ガス会社の役員を務めていた。

  ハンター・バイデン氏は「取締役会に加わり、奉仕できたことを誇りに思う。コーポレートガバナンスに注力した」とし、「取締役会入りの前後、父とは特に話し合わなかった。短いやりとりをしただけだ」と語った。

原題:
Hunter Biden Says Ukraine Gas Board Service Was ‘Poor Judgment’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE