コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のトコペディア、IPO前の資金調達で交渉中

  • インドネシアのトコペディアは重複上場を検討
  • 来年の収支とんとんを目指している-CEO

ソフトバンクグループの「ビジョン・ファンド」が出資するインドネシア最大手の電子商取引サイト運営会社トコペディアは、資金調達ラウンドに向けて投資家候補との協議を開始した。これは新規株式公開(IPO)前で最後の私募形式での資金調達となる可能性が高い。同社には中国アリババ・グループ・ホールディングも投資している。

  トコペディアは国内とまだ決定していない別の場所での重複上場を検討していると、ウィリアム・タヌウィジャヤ最高経営責任者(CEO)がブルームバーグ・ニュースに語った。ただ、同CEOは貿易戦争に伴う不透明な市場状況を理由に、IPOのスケジュールは明らかにしなかった。

Key Speakers At The Wall Street Journal DLive Asia Conference

ウィリアム・タヌウィジャヤ氏

  トコペディアは当面は国内市場に重点を置くが、海外で上場すれば認知度が高まり、新たな投資家を引き寄せることが見込まれる。タヌウィジャヤCEOは来年の収支とんとんを目指していると述べた。

Inside Tokopedia Offices And Portraits Of Chief Executive Officer William Tanuwijaya As Underdog Becomes the Poster Child of Indonesia's Tech Boom

ジャカルタにあるトコペディアのオフィス

原題:
SoftBank-Backed Tokopedia in Talks for Pre-IPO Funding Round(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE