コンテンツにスキップする

「ジョーカー」が2週連続首位、予想上回る興行収入-週末の北米映画

  • 2位はアニメ版「アダムス・ファミリー」-アナリスト予想超える
  • 3位はウィル・スミス主演の「ジェミニマン」
Joaquin Phoenix as the Joker

Joaquin Phoenix as the Joker

Source: Warner Bros. 
Joaquin Phoenix as the Joker
Source: Warner Bros. 

週末の北米映画興行収入ランキングで、ワーナー・ブラザースの「ジョーカー」が2週連続首位となった。ホアキン・フェニックスがDCコミックス「バッドマン」シリーズを代表する悪役の原点を演じている。

  調査会社コムスコアの発表によれば、ジョーカーの興行収入は5590万ドル(約60億5500万円)。アナリスト予想は4300万-4500万ドルだった。

   

Top 10 Films

  

  2位はメトロ・ゴールドウィン・メイヤーとユナイテッド・アーティスツ・リリーシングのアニメ版「アダムス・ファミリー」。興行収入は3030万ドルで、アナリスト予想(最高2900万ドル)を上回った。

  バイアコム傘下パラマウント・ピクチャーズのウィル・スミス主演「ジェミニマン」が3位。アン・リー監督の同作品は2060万ドルを稼いだ。2位と3位はいずれも初登場。

Top 10 Film Grosses
All Films Year To Date

備考

原題:
‘Joker’ Stays Atop Box Office, Easily Beating New Releases (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE