コンテンツにスキップする

ノーベル経済学賞:バナジー、デュフロ、クレマーの米大教授3氏受賞

2019年のノーベル経済学賞は、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のアビジッド・バナジー、エスター・デュフロ両教授、米ハーバード大のマイケル・クレマー教授の3氏に授与された。3氏は「世界的な貧困を減らすための実験的手法」が評価された。

  スウェーデン王立科学アカデミーは14日の声明で「今年の受賞者が行った研究は世界的な貧困と闘う能力を大幅に向上させた。わずか20年間で実験に基づく3人の新たなアプローチは開発経済学を変革した。この分野の研究は今では盛んに行われている」と述べた。

  バナジー氏とデュフロ氏は夫婦での受賞となった。

relates to ノーベル経済学賞:バナジー、デュフロ、クレマーの米大教授3氏受賞

原題:Duflo, Banerjee and Kremer Win 2019 Nobel Economics Prize (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE