コンテンツにスキップする

米中貿易協議の「第1段階」合意、中国側は冷ややかな反応

  • 残る問題の多くは依然として不確実性に満ちている-新華社
  • 中国のかねての交渉ポジションは追加関税の完全撤回だった

米中が11日に達した「第1段階」の通商合意に対する中国の公式の反応は、慎重ながらも歓迎するものだった。減速する国内経済への圧力を中国政府が少しでも緩和したいのなら、トランプ米大統領に調子を合わせる以外に選択肢がほとんどないことが浮き彫りになった。

  15日に予定されていた対中関税率の一部引き上げの先送り以外、中国に対する米国の関税を巡る圧力が和らげられることはほぼなかった。これは、中国のかねての交渉ポジションだった追加関税の完全撤回からは程遠い。

  中国側も為替や知的財産を巡る慣行についての曖昧な約束や、同国がいずれにしても必要とする農産物の購入といったこと以外はあまり譲歩することはなかった。香港での抗議デモの深刻化に直面し、中国経済への信頼回復を迫られる習近平国家主席にとって、当面は今回のような合意で十分なものと見受けられる。

Growth Slowdown

Economic activity in long-term slowdown in China

Source: National Bureau of Statistics, Bloomberg surveys

Note: September 2019 and 3Q 2019 data are estimates.


  中国政府の公式声明や主要メディアは、劉鶴副首相と米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表およびムニューシン財務長官のワシントンでの協議の結果について、「合意」とは全く言及していない。

  中国商務省は、多くの分野で「双方が実質的な進展を遂げた」とし、「最終合意の方向に向けて協力することで一致した」と表明。ただ同省の声明は、15日に関税率を引き上げないという米側の約束や、中国が400億-500億ドル(約4兆3300億-5兆4100億円)相当の農産品を購入すると約束したという米側の主張に言及していない。

  国営新華社通信は、直近の通商協議での「合理的かつ実際的」な進展に言及したが、こちらも合意や両国による具体的な措置には触れていない。その後の論説では、双方は紛争の激化を回避したが「残る問題の多くは依然として不確実性に満ちている」とし、中国は「常に十分な忍耐と戦略的な強さを維持しなければならない」と主張した。

原題:China Is Cool on Trump Trade ‘Deal’ Its Economy Still Needs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE