コンテンツにスキップする

台風19号で甚大な被害、人命救助続く-保険請求額1兆円規模か

更新日時
  • 政府は被災者生活支援チームを設置、各省庁連携し被害全容把握急ぐ
  • 気象庁は夜にかけて被災地で広範に雨が降ると予想、警戒継続が必要
Fire department workers evacuate residents from a flooded area in Date, Fukushima prefecture on October 13, 2019, one day after Typhoon Hagibis swept through central and eastern Japan. 

Fire department workers evacuate residents from a flooded area in Date, Fukushima prefecture on October 13, 2019, one day after Typhoon Hagibis swept through central and eastern Japan. 

Photographer: STR/AFP
Fire department workers evacuate residents from a flooded area in Date, Fukushima prefecture on October 13, 2019, one day after Typhoon Hagibis swept through central and eastern Japan. 
Photographer: STR/AFP

台風19号は12日から13日未明にかけて東海、関東、東北地方を縦断し強風と豪雨で河川の氾濫や土砂災害など各地に甚大な被害を及ぼした。きょう14日も自衛隊や消防によって孤立集落での人命救助活動などが行われているほか、千葉県や静岡県などで停電、福島県などで断水が続いており生活への影響は長期化が予想される。

  菅義偉官房長官は午前に行われた非常災害対策本部会議後の記者会見で、自衛隊や消防など11万人以上で台風被害の対応をしているとしたうえで、「各省庁が連携し人命救助に全力を尽くしている」と述べた。官房長官によると、台風19号による死者は10人、台風との関係を調査中の死者19人、心肺停止5人、行方不明7人、安否不明18人、重傷24人、軽傷168人。

  また、この日に被災者生活支援チームを設置することも明らかになった。共同通信によると安倍晋三首相は「住民の生活や経済活動への影響が長期化する懸念もある。被災者に寄り添いながら対応に万全を期す」と強調。被害の激甚災害指定については、被害状況を早急に把握するように努めているとした。

Scars of Typhoon Hagibis

救助活動を続ける消防隊(長野市・14日)

  

  気象庁では被災した静岡県や宮城県などで14日午後に天気が崩れ夜にかけて広範に雨が降ると予想しており、引き続き大雨や洪水、土砂災害といった警報、注意報を発動している。共同通信によると、国土交通省は当初6県21河川の24カ所としていた堤防の決壊について、7県の37河川で51カ所に上ることを明らかにした。またNHKによると、福島県や茨城県など13都県の13万6000戸以上で断水しているという。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、スティーブン・ラム氏は、台風19号の影響が広範に及ぶことから、保険金の請求額は50億-100億ドル(約5400億ー1兆800億円)規模に達する可能性があると推定している。

首都圏鉄道の運行状況 (午後5時10分現在):

  • JR東日本:中央本線は土砂流入の影響で高尾~大月駅間の上下線で当面の間運転を見合わせ。両毛線は足利~小山駅間の上下線で長期間運転を見合わせなど
  • 北陸新幹線は長野~糸魚川駅間で終日運転を見合わせ再開のめど立たず、東京~長野間で折り返し運行
  • 私鉄各線
    • 京王線は動物園線(高幡不動~多摩動物公園)を除く全線で通常運転を再開
    • 小田急線は小田原線(秦野~新松田間)で土砂が流出し終日運転を見合わせ、17日の始発から運転再開予定。特急ロマンスカーは終日運転見合わせ
    • 西武鉄道は横瀬~西武秩父駅間の一部電車に運休
    • 東武線は日光線で静和~新大平下間の線路砕石流出および北鹿沼~板荷間の築堤の崩壊のため、南栗橋~栃木間および新鹿沼~下今市間で終日運転を見合わせ

空の便:

  • 全日空や日本航空はほぼ通常通り運航しているが、一部で遅延が発生

停電 (午後3時現在、経済産業省):

  • 全国で約7万7630戸が停電
    • 東京電力管内が約4万8200戸(千葉県、静岡県、東京など)、東北電力は約3600戸(宮城県など)、中部電力は約2万5830戸(長野県)

通信 (午後0時30分現在、総務省):

  • NTT東日本管内の福島県、栃木県、東京都などで固定電話約8450回線に支障
  • NTTドコモ、AU(KDDI)では関東や中部、東北など13都県、ソフトバンクは12都県の一部エリアで携帯電話を利用しづらい状況

その他企業への影響:

  • JXTGホールディングス傘下のJXTGエネルギーで、根岸製油所が敷地内の冠水により出荷関連設備に不具合が生じ、あすまで出荷を停止。危険物など漏洩はなし
  • 花王の川崎工場で、鉄骨造6階建て建屋の屋上に設けられた変圧器フィン部が破損し、絶縁油470リットルが漏洩
  • コンビニ・スーパーは東北、関東、甲信の一部店舗で一時営業停止中。ファミリーマートは停電や浸水の被害により関東・中部・東北地方などで約50店を休業
  • 衣料品専門店などを展開するしまむらは、宮城県や埼玉県など計8県の一部店舗で営業を休止している
  • ヤマト運輸は全国から宮城県と長野県の一部地域宛ての荷物の受付を停止、道路規制等の影響で東北・関東・信越地方の一部地域の集配および営業所の受付業務を停止
(堤防決壊の情報など更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE