コンテンツにスキップする

IEA、今年と来年の世界石油需要伸び見通し下方修正-景気懸念で

  • 9月14日のサウジ石油施設攻撃で世界石油供給の約6%が停止
  • その後の原油高は一時的-世界的なリセッション懸念で反落した

国際エネルギー機関(IEA)は11日発表した月報で、今年と来年の世界石油需要増加見通しを引き下げた。先月のサウジアラビア石油施設攻撃で供給が減ったものの、景気減速懸念が影を落としている。

  IEAによると、9月14日のサウジ石油施設攻撃で世界石油供給の約6%が停止した。ただその後の石油価格上昇は一時的で、世界的なリセッション(景気後退)懸念の中で反落。IEAは2019、20両年の需要増加予想をそれぞれ日量10万バレル下方修正した。

Oil Demand Outlook Deteriorates

IEA cuts forecast again amid economic slowdown

Source: IEA

原題:
IEA Cuts Oil-Demand Outlook as Economy Eclipses Saudi Attack(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE