コンテンツにスキップする

英GDP:8月は前月比0.1%減、3カ月ベースはプラス維持

英国の8月の国内総生産(GDP)は市場予想に反して減少した。製造業が落ち込んだが、すぐにリセッション(景気後退)に陥る事態は引き続き回避できそうだ。

  政府統計局(ONS)の発表によると、8月のGDPは前月比0.1%減、市場予想は横ばいだった。前月は0.4%増。6-8月のGDPは前の3カ月比0.3%増となった。

  項目別では製造業が前月比0.7%減少、特に製薬の生産が低下した。製造業の13セクターのうち10部門で減少を記録、世界的な景気の冷え込みが輸出に打撃を与えていることが示唆された。建設部門は0.2%増。サービス部門は横ばいで4カ月ぶりに伸びが止まった。

原題:U.K. Economy Set to Avoid Imminent Recession Despite Poor August(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE