コンテンツにスキップする

フィデリティ、オンライン取引の手数料撤廃-価格競争に参戦

  • 取引執行やキャッシュ残高の利回りで優位性を提供とフィデリティ
  • 株式やETFのオンライン取引手数料無料化はフィデリティで5社目

米資産運用会社フィデリティ・インベストメンツは、同業他社に対抗しオンライン取引の手数料を撤廃する。

  フィデリティの10日の発表によると、米国の株式と上場投資信託(ETF)、オプションのオンライン売買手数料をゼロにするほか、キャッシュ残高の利回りを高め、取引執行を改善する。

  これはリテール(小口投資家)向け証券会社を巻き込む激しい手数料引き下げ競争の最新の展開。先月以降、株式やETFのオンライン取引手数料の無料化を何らかの形で打ち出した業界大手はフィデリティで5社目。同社とライバルは他の取引手数料も引き下げている。

  ボストンに拠点を置く同社は、2200万近い口座数を誇るオンライン証券最大手。同社は新たな広告で、リテール客の預託したキャッシュ残高がマネー・マーケット・ファンド(MMF)に自動的に移され10月8日時点で1.58%の利回りを得られると宣伝。この利回りは競合他社を上回るとし、フィデリティの取引執行を利用すれば節約になると主張している。

  個人投資事業担当社長のキャスリーン・マーフィー氏は「この組み合わせを提供する企業は他にない」と発表文で述べた。

原題:
Fidelity Joins Price War With Zero Commissions on Online Trades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE