コンテンツにスキップする

サムスン、次世代ディスプレーに1.2兆円投資へ-中国勢に対抗 (訂正)

訂正済み
  • 牙山市に量子ドット(QD)ディスプレーの生産ライン建設
  • 8万1000人の雇用創出につながるとサムスンディスプレー
A Samsung Galaxy Fold smartphone.

A Samsung Galaxy Fold smartphone.

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

A Samsung Galaxy Fold smartphone.

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

韓国のサムスンディスプレーは、次世代ディスプレーの開発・生産に13兆1000億ウォン(約1兆2000億円)を投じる計画だ。急成長する中国の競合企業による大量供給と価格圧力に対応する。

  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領やサムスングループの事実上のトップである李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が出席した発表イベントで、サムスンの世界的リードと韓国の優位を維持しながらディスプレー業界の再編を進める動きの一環として、今回の投資計画が打ち出された。こうした目標を推進するため、政府は次世代ディスプレーの開発促進で約4000億ウォンを投じると文大統領は表明した。

  サムスンディスプレーの発表資料によると、同社は牙山市に量子ドット(QD)ディスプレーの生産ラインを建設する。操業開始は2021年で、当初は65インチを超えるパネル3万個の月間生産能力を見込む。その後、25年までの長期開発計画に伴い、生産規模を拡大する。今回の投資は8万1000人の雇用創出につながる見通しだという。

LCD prices have collapsed on fierce competition

原題:Samsung Is Pouring $11 Billion Into Next-Gen Displays (Correct) (抜粋)

(3段目で「月間生産能力」に訂正します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE