コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米中が10日から閣僚級貿易協議-合意なければ世界経済に一層の打撃

  • 中国副首相の貿易協議日程変更は把握せず-ホワイトハウス報道官
  • 215兆円規模の世界の貿易フロー、関税合戦が脅威に
A container ship passes in front of containers and gantry cranes at the Haitian Container Terminal, operated by the Xiamen Port Authority, in Xiamen, China, on Monday, Aug. 26, 2019. After a weekend of confusing signals, only a few negotiators in Beijing see a deal possible ahead of the 2020 U.S. election, in part because it’s dangerous to advise President Xi Jinping to sign a deal that Trump may eventually break, according to Chinese officials familiar with the talks who asked not to be identified.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米中貿易協議はワシントンで10日に始まる予定だ。合意に至らなければ米国は今月15日に中国からの輸入品の一部への関税率を引き上げる見込み。米国は18日に欧州連合(EU)に対しても報復関税の発動を予定しており、そうなれば既に減速している世界経済は一層の痛手を被る。

  米中両国とも12月にさらなる関税賦課を予定し、EUも報復措置を検討している。世界貿易フローが保護主義に脅かされる中でこうした措置が発動されれば、貿易は縮小して企業は一段と慎重になり、世界の需要はさらなる打撃を受ける。ブルームバーグのデータによれば、現在の世界貿易フローは2兆ドル(約215兆円)規模。

  市場は米中貿易協議の先行きに敏感になっており、アジア時間10日午前の取引で米株価指数先物が下落した。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が、米中次官級貿易協議で進展がなく、劉鶴副首相率いる中国代表団は11日ではなく10日に米国を離れる計画だと報じたことが響いた。

  しかしその後9日遅く、ホワイトハウスのディア報道官はワシントンで、「われわれは現時点で、副首相の訪問日程の変更は把握していない」と言明し、SCMP紙の報道内容を否定した。これに先立ち、中国共産党機関紙・人民日報系の新聞、環球時報の胡錫進編集長はツイートで、貿易協議の日程に変わりはないと述べていた。

Growth Slowdown

原題:China-U.S. Set to Talk With Global Economy Facing Trade Crucible(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE