コンテンツにスキップする

仏LVMHの7-9月売上高、予想上回る-香港デモの影響懸念和らぐ

  • ファッション・革製品の売上高、予想上回る19%増
  • 好調な業績、高級品への中国の需要が引き続き堅調であること示した

フランスの高級品メーカー、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは、7-9月(第3四半期)の売り上げが予想を上回り、香港での抗議活動による影響への懸念を振り払う形となった。

  7-9月売上高は11%増の133億ユーロ(約1兆5700億円)とコンセンサス予想の9%増を上回る伸びとなった。「ルイ・ヴィトン」と「クリスチャン・ディオール」が極めて好調で、ファッション・革製品の売上高は19%増とアナリスト予想の15%増を上回った。

  同社は9日の発表文で「香港での困難な状況にもかかわらず、第3四半期は米欧が順調に推移し、アジア地域も同様だった」と説明した。

  こうした力強い業績は、香港の混乱に伴う影響への懸念を一部和らげるとともに、高級品業界の成長をけん引してきた中国の需要が引き続き堅調であることを示している。香港での抗議デモは、中国本土からの旅行者減につながっているものの、中国の消費者は依然として別の場所でハイエンドの商品を購入している。

  シティのアナリスト、トーマス・ショーベ氏は調査リポートで「香港での落ち込みの大部分は別の市場で補われたと考えられる。これで、同業他社はハードルが上がった」と指摘した。アナリストらは、ほとんどの高級ブランドは香港で失った売り上げの半分程度を別の場所で埋め合わせるにとどまると予想している。

Demonstrators Form Human Chain Ahead of the 12th Weekend of Protests

ルイ・ヴィトンの店舗前で人間の鎖を作る香港デモ参加者(尖沙咀、8月23日)

原題:LVMH’s Faster-Than-Forecast Growth Allays Hong Kong Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE