コンテンツにスキップする
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

ドルは107円半ば、米中貿易協議をめぐる報道で上下に振れる

更新日時
Japanese yen banknotes of various denominations are arranged for a photograph in Tokyo, Japan on Sunday April 14, 2019. U.S. Treasury Secretary Steven Mnuchin said he wanted a currency clause in a trade deal with Japan to prevent deliberate manipulation of the yen to bolster exports, Japanese public broadcaster NHK said.
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=107円半ばを中心に上下した。米中次官級貿易協議に進展なしとの報道がドル売り・円買いを促した半面、米政府が華為技術(ファーウェイ)への製品供給を一部米企業に許可する方針との報道や今晩からの米中閣僚級協議に対する楽観論が相場を支えた。

  • 午後3時12分現在のドル・円は、前日比横ばいの107円48銭。朝方に107円04銭まで下落した後、一時は107円77銭と2日以来の水準までドル高に振れる
  • ドル・オフショア人民元相場は一時0.4%高の1ドル=7.1684元と9月4日以来の水準まで上昇した後、0.5%安の7.0993元まで下落する場面も

市場関係者の見方

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラテジスト

  • 米中協議にらみで悲観と楽観のシーソーゲームが続いている
    • 朝方は米中次官級協議で進展なしとの報道を受けて円高に。閣僚級協議で部分合意の可能性があるとの見方から徐々にドル・円は上昇
  • 米中合意がまとまれば108円台乗せも。11日までに結論出ないなら8日安値近辺の106円90銭まで下落も

しんきんアセットマネジメント投信の加藤純チーフマーケットアナリスト

  • 中国は、米国産農産物の購入で譲歩して、15日の追加関税引き上げ回避を今回の目標にしていると思う。あとの細かい部分は、報道で心理的な影響はあるが、相場を大きく動かすものではないと思う
ドル・円相場の推移

背景

  • 米国は中国との合意を望んでいる、履行確実化が必要-米商務長官
  • 米国が対中通貨協定を検討、部分的貿易合意の一環-関係者
  • トランプ政権、一部米企業にファーウェイへの供給許可へ-NYT
  • 劉副首相は11日までワシントン滞在、米中協議で-関係者
  • 米中次官級貿易協議で進展なし-SCMP
  • 中国上海総合指数は小安く始まった後に上昇に転じる。アジア時間の米国株先物は取引が進むにつれて下げ幅縮小
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE