コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが下げ渋り、米中協議が不透明でレンジ取引

更新日時

9日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下げ渋る展開。米中の貿易協議や英国の欧州連合(EU)離脱など、主要な問題は宙に浮いたままでレンジ取引となった。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比ほぼ変わらず。一時は0.2%下落していた
    • ドルは主要10通貨の大半に対して小幅上昇。円とスイス・フランに対しては顕著に上昇。ユーロは堅調
  • ドルは株式相場と共に終盤に軟化した。米国が中国のハイテク企業をブラックリストに掲載したことを受けて、中国側は今週の米国との協議について期待値を下げているとの報道がきっかけ
  • 取引の早い段階では米中協議の前向きな展開を背景にリスク選好が強まり、米国債利回りが上昇
  • 9月17-18日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨も株価にとって強材料となった。当局者はインフレ圧力の欠如を利下げの根拠として注目。市場は年内約35bpの利下げを織り込んでいる
  • ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.4%高い1ドル=107円48銭。ユーロは対ドルで0.1%高い1ユーロ=1.0971ドル
The dollar rallies for a third consecutive day in New York trade

欧州時間の取引

  ドルは3日ぶりに下落。米中通商協議について暗いニュースも散見されたが、楽観的な見通しが強まった。

原題:Dollar Pares Loss, Stays Within Range; Havens Fall: Inside G-10(抜粋)

Dollar Falls as Investors Cling to Trade-Talk Hopes: Inside G-10

(最終段落を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE