コンテンツにスキップする

中国、1000万トンの米国産大豆の追加購入を提案-FT

中国は米国産大豆の年間購入量を3000万トンと、現在の2000万トンから増やすことを提案していると、英紙フィナンシャルタイムズ(FT)が事情に詳しい匿名の関係者の話を基に伝えた。

  劉鶴副首相は実質的な提案を携えて米国を訪れる予定で、中国は対立を緩和させる用意があるとFT紙は関係者1人を引用して報道。中国は非関税障壁についても変更する意向があり、牛肉、豚肉、子羊肉に関する米農務省の全ての要求に原則同意したと、別の関係者1人が述べたという。輸入手続きについて約60の内部変更に合意したとされる。

  中国当局は米国と日本の新たな貿易協定に注目し、同じ方向に持ち込もうとしているともFT紙は報じた。

関連ニュース

原題:CORRECT: China Offers to Buy 10M More Tons of U.S. Soybeans: FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE