コンテンツにスキップする

関西電の第三者委員会調査、中途半端なものは許されない-菅官房長官

菅義偉官房長官は9日の記者会見で、関西電力役員らが原発立地自治体の元助役から金品を受け取っていた問題で、第三者委員会による調査について「中途半端なものは許されない」と述べ、徹底的な全容解明を求めた。

  菅氏は第三者委員会調査では過去にさかのぼり相当数の対象者へのヒアリングも必要とした上で、「可能な限り速やかに実施する必要がある」と指摘。関電に対し「経営問題も含め再発防止などの措置を講じることで利用者の信頼回復に努めることが必要」と語った。

  9日付で辞任する八木誠会長について菅氏は、「今般の事案の重大性にかんがみ経営に責任を持つ者として自ら辞任の判断をしたと聞いている」と語った。問題の調査終了まで留任する岩根茂樹社長には、「まずは調査にしっかりと協力すべきだ」との考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE