コンテンツにスキップする

クレディS、米国でプライベートバンキング再開を検討-関係者

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループは、米国でウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用)業務の再開を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。プライベートバンキングの成長を後押ししたいティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)の意向が背景にあると考えられる。

Key Speakers At Bloomberg European Capital Markets Forum

ティージャン・ティアムCEO

写真家:サイモン・ドーソン/ブルームバーグ

  関係者によれば、中南米の富裕層に対応するマイアミの新たなオフィスで運用資産を150億ドル(約1兆6000億円)増やす計画が主に検討されているという。
        

原題:Credit Suisse Weighs Return to U.S. Private Banking After Exit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE